胚盤胞移植の請求書が届いたので公開!顕微授精トータルの費用も!

こんにちは、むーらんです。

 

残念ながら初めての顕微授精・胚盤胞移植は『陰性』となってしまいました。

 

いよいよ妊娠判定日!妊娠判定の方法は?

 

そんな落ち込んでいる最中ですが、請求書が届きました。

陰性とはいえ払わないといけないのですが、ダメだった時に大金を払うっていうのも精神的にやられます。。。笑

 

胚盤胞移植でかかった費用

 

今回届いた請求書は、移植→移植後に飲むお薬の合計金額です。

 

 

  1. 胚移植              ¥108,000
  2. 凍結胚・卵子の解凍          ¥32,400
  3. 胚凍結保存維持管理料2ヶ月分 ¥10,800
  4. その他             ¥20,668
  5. 総合計           ¥171,868

 

という事で、合計で¥171,868でした!

 

想像していたより安かった

 

個人的にですが、想像していたよりは安かったかな?という印象。

移植だけで¥108,000かかるので、もろもろ入れたら20万以上かかるかな~と思っていました。

 

とは言え、凍結胚・卵子の解凍で¥32,400はかなり高いな~と思いました。

ですが、解凍の際にダメージを受けてしまう事もあるので、繊細な作業なんだろうな~というのは想像出来ますが。

 

顕微授精トータルの費用

 

前回の採卵→受精までの費用と、今回の移植の費用の合計を出してみましょう。

 

採卵→受精まで

 

移植

 

顕微授精トータル費用

365,427+171,868=537,295円

顕微授精の保険適用外の金額だけでこの金額で、これにプラスして保険適用の物もあるので全部の合計だと60万弱ってところでしょうか。

 

こうやって改めて金額を計算すると、やっぱり高いですね~…!

中古の車も買えますし、海外旅行も行けちゃいますね^^;

1回で妊娠すれば安いものだと思えますが、何回も。。。となるとやっぱりきつい。。。

 

金沢たまごクリニックは良心的な金額?

 

 

色んな方の顕微授精・体外受精の金額を見たり聞いたりしていますが、金沢たまごクリニックは比較的良心的な金額だと感じます。

もちろん東京や大阪なんかの都会は物価も違いますし、金額が高くても仕方ないのかな?と思いますが。。。

 

でも同じ金沢の『鈴木レディスホスピタル』さんは、金沢たまごクリニックの1.5倍近く費用がかかるって聞いた事もあるし。。。

 

値段の差は何なのか分かりませんが、どんな金額でも納得して払えるような病院へ通えるといいですね!

 

次はまた採卵からスタート

 

僕たちはもう凍結胚が残っていないので、また採卵からやり直しです。

また60万弱かかるのか~。。。と思うと憂鬱ですが、背に腹は代えられないので頑張るしかありません。

体外受精・顕微授精などの不妊治療は、金銭面だけではなく精神的にも辛いし、終わりが見えないという事もあり不安でいっぱいです。

 

ですが、全国で同じ悩みを持ち頑張っている人がたくさん居るんだ!と思うとなんだか勇気づけられます。

なるべく前向きに頑張りましょう!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です