たまごクリニックでの採卵2回目!高齢だと本当に休む暇がありません!

こんにちは、むーらんです。

 

顕微授精1回目は陰性で終わってしまったのですが、休む間もなく採卵2回目を迎えました。

この時の妻の年齢は41歳になっていましたので、1ヶ月も休む時間がないな。。と思い、すぐに採卵する事を選択しました。

 

採卵の流れは前回と同じような感じです。

ついに採卵当日!採卵→受精まで行い、次の移植時のお話も!

 

 

採卵2回目

 

前回の採卵では、2個採卵→2個受精→1個が7日目胚盤胞になり、もう1個は分割停止となってしまいました。

なので、僕たちには残っている受精卵がないので採卵からスタート。

 

採卵前の診察では「1個はもう排卵している気がするので、残りの2個を取れればいいですね」とのこと。

 

採卵が無事に終わり、妻から2階へ上がってくるようにと連絡がありました。

(金沢たまごクリニックは、2階が採卵・移植・培養などのお部屋があり、1階は待ち合いと診察室)

 

2個採卵出来ました!が。。。

 

 

2階へ上がると、個室に通され妻としばらく待機。

前回の採卵より少しだけ痛かったみたいです。。

 

しばらく待っていると、看護師さんが入ってきて「今回は2個の卵胞が採れたのですが、1個は中身がない空胞でした。なので、受精出来る卵は1個だけになります。」という事でした。

卵胞が何個も採れても、卵胞の中に卵がない空胞の場合って結構あるというのは説明会の時に聞いていましたが、まさか2個のうち1個が空胞と分かった時はショックでしたね。

 

1個の卵に運命を託す

 

看護師さんも「1個だけって思うかもしれませんが、年齢を考えると1個採れただけでも良しとしましょう!運命の1個かもしれませんから!」とおっしゃって下さったのですが、本当にその通り。

宝くじだって、当たる人は1枚でも当たるって言うし。。。笑

 

とりあえず今回はこの1個の卵に頑張ってもらうしかありません。

 

今回は体外受精を選択

 

前回は顕微授精を選択したのですが、今回は体外受精にしました。

体外受精を選択したのにはいくつか理由があって

  • 卵が1個しかないのに顕微授精はもったいない
  • 顕微授精の方が受精率は高いが100%ではない
  • 採取した精子の状態が非常に良かった

 

*金沢たまごクリニックでは、顕微授精の料金が1~4個までで43,200円

前回は2個の卵が採れたのでまだ良かったのですが、さすがに1個で43,200円は高いな。。。と思ってやめました。

 

*体外受精と顕微授精での受精率を比べると、顕微授精の方が受精率は高いのですが100%ではありません。

100%ではないというのを考えると、体外受精でも良いのではないか?と培養士さんから提案がありました。

 

*今回の1番のポイントですが、精子の状態がめちゃくちゃ良かったです。

前回の顕微授精の時は「体外でもいけなくはないけど顕微をオススメする数値」と言われて顕微授精にしたのですが、今回は「体外受精でも全く問題ないし、むしろ自然妊娠も可能なレベル」と言われました!

 

という事で、今回は体外受精にチャレンジしてみる事になりました!

 

胚盤胞ではなく初期胚を移植

 

 

移植も、前回は胚盤胞だったのですが今回は初期胚を移植する事にしました。

前回、2個の卵のうち1個が途中で成長が止まったのがショックだったのと、胚盤胞まで育つ確率がそんなに高くない事を実感しました。

今回は1個しか採卵出来なかったし、胚盤胞まで育たなくて移植出来ないのは避けたかったので初期胚移植を決めました。

 

運命の卵になるか?それとも。。。

 

というわけで、前回の顕微授精→胚盤胞移植とはまったく違う方法の、体外受精→初期胚移植を選択した僕たちですが、やってみないとどちらがいいとは言えないし、こればっかりは運もあるのかな~と思います。

 

とりあえず《運命の卵》になってくれる事を信じるしかないです!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です